カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アナログ時計(黒)

最新記事

プロフィール

kiayoda

Author:kiayoda


現在地:神奈川県(すぐそばの河を渡ると東京都)
職業 :5匹の猫の飼育係
性別 :M
年齢 :19**年5月3日生まれ

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

よく見ているブログ

全記事表示リンク

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
キア、再検査

   再度血液検査をするために、前回とは違うクリニック(2nd オピニオン)に連れて行った。

   結果が出るまでに少し時間がかかるが、担当獣医師さんにキアの行動観察結果について

   話をした。 その結果から、やはり前回の獣医師さんが推定する「甲状腺機能亢進症」の

   可能性が高い、ということであった。

    最近の行動で、これまでとはちょっと違ったこと

      1 頻繁に餌を要求する。(一度に食べるのはごく少しだが、“大”は結構多いので
          かなり沢山食べていると思われる。)

      2 ヨーダがすぐそばにいてもあまり気にしなくなった。
         (缶詰の餌を、ヨーダとキアの皿に隣合せに並べてやったとき、ヨーダの首に手を
          かけてヨーダの食べている餌を取ろうとした。)
      
      3 静かに座っているときの呼吸が深い。
         (お腹を大きく膨らませて、深呼吸のようだ。)

      4 レジ袋に自分から入った。(大人になってからこんなことは無かった筈)

      5 膝に頻繁に乗ってくる。

      6 以前は、病院の診察台では固まっていたのだが、この前は暴れるように動いて
        聴診などできない状態であった。

   1週間ほどで、甲状腺が異常のときのホルモンの数値が出るので、最終診断はその結果で・・・



横からはよくは分からないが、かなりゲッソリしてきた。 尻尾も細くなった。 顔の表情も険しい。





痛がったり、苦しそうな様子はみられないが、実際はどこか苦しいところがあるのかも・・・


「甲状腺機能亢進症」というのは、老猫には結構多い病気らしい。 
 薬の継続投与で、進行は遅らせられる。



おまけ : サビのおもちゃ (左端はゴムパッキン、右端はスポンジたわし

左側の3つは、自分ですくい上げ、放り投げて追いかけて遊ぶ。 
人が上に放り投げてやると、両手で上手にキャッチする。
右側のは、みんなが寝て静かになったときこれをくわえて、子猫のようなか細い声で鳴いて歩き回る。

サビっ子達はこれらには全く関心がない。

*************************************************************************

 彼岸の中日なのに真冬の気温だ。 墓参りにも行けない。

*************************************************************************

<< キア、病名不明               13℃(2012.3.22) | ホーム | 最近のこまちちゃん               9℃(2012.3.17) >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。