カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アナログ時計(黒)

最新記事

プロフィール

fc2 blog user

Author:fc2 blog user


現在地:神奈川県(すぐそばの河を渡ると東京都)
職業 :5匹の猫の飼育係
性別 :
年齢 :19**年5月3日生まれ

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

よく見ているブログ

全記事表示リンク

リンク

 キアの右上の犬歯が伸びてきた・・・

     原因は、歯周病によるもの。

     触ると痛がるので、抜歯した方がいいかどうか診察して貰った。

     血液検査は異常なく、全身麻酔は可能だが、犬歯は上顎の骨に深く埋まっているので、

     抜歯手術が難しいのと、抜歯によるデメリットを考えると、特に痛がらずに食べられるなら

     抜歯はしない方がいいということであった。



2012年  13歳





2008年  8歳時





2011年  12歳 (少し伸びている)





めろ: 2011年  4歳 (若いから、もちろん問題ない)





ミコロン: 2011年 4歳 (問題なし)





あれ?これは?: こまちちゃんじゃないか~  2009年  6ヶ月時






おまけ: 無題 


********************************************************************************

   “こうなる前に、歯磨きを” って、キアの場合むりだ~ 噛みつかれる!

   洗面台で歯磨きをしていると、サビが洗面台上ってきて、ニャーニャー鳴く。(猫だから
   ニャーニャーは当たり前か~)
    
   歯ブラシで磨いてやるが、奥歯は難しい。

********************************************************************************

<< 河川敷猫集団                  25℃(2012.6.7) | ホーム | 自然の猫草はうまいらしい           25℃(2012.5.26) >>

コメント

キアちゃん、痛いのは可愛そうだね。
それにしてもこの4枚の「大あくび」ショット、よく撮れたね。
こまちちゃんまで可愛いお口で・・・

このよく伸びた手は一体誰れ?

ご存知のとおり、うちのママリンは、口内炎でかなりの本数
抜歯しましたが、犬歯は残っています。
ムーンの場合は犬歯も抜歯しました。
犬歯が下の歯茎に刺さりそうな状態だったので。。。

今はふたりとも、ご飯を食べても、痛がることがなく、
抜歯して良かったと思いますが、
抜歯当時は、2日位ご飯を食べてくれず、本当に
心配でした。

キアさんも食べた後痛がることが無ければ、先生が言われる通り、
まだ少し様子を見た方がいいかもしれませんね。

こまちちゃんは、撫でて可愛がると、必ず、このあくびが出ます。
不思議です。

おまけちゃん。。。どうしても手を伸ばして寝たいんですね。
可愛いです!




駒子さんへ

情報ありがとうございます。
ムーンちゃん、何歳頃でしたっけ。

2医院に聞いてみたのですが、犬歯の抜歯には慎重でした。
やはり、かなりの支障が出ない限り抜歯はしないようです。
食べるときに痛がっている様子は、まだないので、もう少し待ってみます。
キアの場合、犬歯は下の歯茎の外に出てますので。。。

こまちちゃん、そうですか。
きっと撫でられて気持ちいいんでしょうね。(尚、こまちちゃんの写真、2008年の間違いですね。)

おまけ写真、ミッコロは片手伸ばしが多いです。

to robin

普通にしていても痛いのかも知れないが、食べるときは問題ない。
犬歯は、外に出ているくらい歯茎に入っていて、抜歯のとき、
上の歯の骨を傷める恐れがあるので、なるべく抜歯はしないそうだ。

あくびショット、あくびを撮ろうとして待っていたのではないと思う。
記憶がさだかでないが・・・
まあ、猫はしょっちゅうあくびしてるから撮れたんだろう。

白ソックスは、ミコロン、通称ミッコちゃん。

ムーンの抜歯は多分4年前位だったと思いますので、
今が推定9歳だとすると、5歳の時になるでしょうか!!
そんなに歯が悪くなる年でもないのに。。。
この時、ムーンは本当はもっと年なのかもしれないと思いました。

当時は、口臭も強く、よだれも出て、口の周りがいつも汚れていました。
口内炎+犬歯が下の歯茎を傷付けていたせいだったのですね。
ただ、食べる時に痛がってはいなかったような気がします。
口内炎は治らないと信じていた私の知識不足のせいで、
可哀想な思いをさせてしまいました。

ママリンは、食べた後毎回痛がって、走り回るくらいになってしまい、
口臭もとても強かったです。
推定10歳の頃と、その1年後位にもう一度抜歯しました。
でも、犬歯は残されました。

駒子さんへ

情報ありがとうございました。

ムーンちゃん、正確な年齢は分からなかったんですね。

口臭が要注意ですね。
キア、少し匂います。 獣医師さんに、よだれは出てませんか、と聞かれますので、これも判断の目安のようです。
また、めろも若干匂います。めろは、口の中を見ることは容易に出来ると思いますので、こんどじっくり見てみます。

お手数おかけしました。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム