カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アナログ時計(黒)

最新記事

プロフィール

fc2 blog user

Author:fc2 blog user


現在地:神奈川県(すぐそばの河を渡ると東京都)
職業 :5匹の猫の飼育係
性別 :
年齢 :19**年5月3日生まれ

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

よく見ているブログ

全記事表示リンク

リンク

 
 ブログなんか書いて、飼育係復活か?

     ヨーダは、この1年間病院には行かなかった。

     体重は3.0kgで、かろうじて3kgを維持。

     毛は伸びたまま。この前、キアを病院に連れて行った時、以前ヨーダの治療をして貰った医師に
 
     そのことを言うと驚いていた。(以前、毛がすっかり抜けた時、医師はかなり焦っていた。) 

     夏でも冬でも寝てばかり、最近、真夜中の3時ごろ「腹減った~」とわめいて、起き上がるのが
  
     辛い飼育係のベッドに乗る。

     8月12日 ヨーダ12歳。



幾ら暑くても伸びるのはこの程度




夏でもベッドの中にいることが多い。





最近は、牛乳の他にヨーグルトが好物。





寝る前に必ず「フミフミ」





おなじみの水飲み(牛乳とヨーグルトのおかげで、風呂場に連れていかれる頻度は少なくなった。)





いつも同じような写真ばかりなので、ちと臭いが一発!


     ヨーダは、一発の前には、砂をもの凄い勢いで掘る。
     もの凄いほこりなので、いろいろ砂の調合を工夫してある。(特許出願中 嘘)
     結構太いカリントウを出すが、決して砂をかけない。(もう1匹絶対にかけないのが・・・サビ)

****************************************************************************************

  飼育係の病状は、まだまだ予断をゆるさない状態が続いています。
  何分、腎臓からの出血がひどかったので、血腫によって腎臓がパンパンに腫れています。
  時間はかかるが、血腫は体に吸収されていくと医者は言いますが、現在はまだ全く小さくなって
  いない状態です。 血液検査、尿検査による腎臓機能の数値は、ほぼ正常を保っていますが、
  毎月の検査による定期観察が必要な状態です。

****************************************************************************************

<< ピーチの想い出                   32℃(2012.8.18) | ホーム | 今どきの日光浴                   31℃(2012.7.11) >>

コメント

ヨーダ君、1年間、病院に行くこともなく、のんびりマイペースに過ごせて
なによりです。
これからもその調子で!!
夜中に飼育係さんを起こす日課も欠かせないですね(笑)

ヨーダ君は大人になってから飼育係さんのところへ来たのですか?
子猫のやんちゃなヨーダ君て想像できない感じです。

お身体の方、まだまだおつらそうですね。
腎臓機能の数値がほぼ正常ということで、ひとまずほっとしました。
元に戻るまで時間がかかるとのことですので、大変だと思いますが、
無理せず、あせらず、お大事になさってください。

駒子さんへ

本当にマイペースなので、こっちは疲れます。
餌の時間も決まってませんし、気が向くとわめいて飼育係を呼びつけます。

ヨーダは、6歳のとき(まだキアだけのとき)にきました。
最初は、暴れん坊でてこずりました。顔見るとキアを追いかけたり、爪切りはいつも洗濯袋に入れないと切れませんでした。

今はお互い歳とったせいか、飼育係の訓練の成果か分かりませんが、何をされてもおとなしくしてます。
寝る時、喉をなでてやるとゴロゴロいったり、人の手を舐めたりで可愛いとこあります。

ご心配、ありがとうございます。
何か変化がありましたらここに書きますね。

フミフミは?

寝る前の「フミフミ」は儀式?

そう儀式。
あと、ミッコが布団にのっかってやる。 これは、親愛のしるし。
キアとめろも、夜寝てから声をかけると、手をグーパーする。
これも親愛のしるし。
サビを撫でると噛み付く。甘かみでなくてカラカミ。痛い。
多分本人は、親愛のしるしにやってるんだと思うが・・・

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム